MENU

卵殻膜ケア美容液 ハニプラ美容液気になる評判は本当でしょうか?

 

ハニプラ美容液は、たくさんのテレビや雑誌で話題の商品です。

 

卵殻膜ケア美容液 ハニプラ美容液の特徴は

 

卵殻膜ケア美容液 ハニプラ美容液 気になる評判は本当でしょうか?

ハリの低下、キメの乱れなどの原因の一つが、肌に存在する3型コラーゲンの減少です。

 

ハリをケアする成分が卵殻膜になります。

 

卵殻膜は卵の殻の内側についている薄い皮で、ここには3型コラーゲンをサポートする力やヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などが含まれています。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンは肌の潤いやハリに欠かせない成分です。

 

アミノ酸は人間の肌を構成している成分でもあり、卵殻膜には18種類のアミノ酸が含まれています。美容成分の力が十分に発揮されるように、ベースの水には北アルプスの雪解け温泉水を使用しています。浸透しにくくなった年齢肌にぐんぐん届きます。

 

 

卵殻膜ケア美容液 ハニプラ美容液について、ざっくりポイントをまとめると

 

①人の肌に存在するアミノ酸に近い18種類のアミノ酸を含んでいます。

 

②加齢に伴い減少する3型コラーゲンに着目した成分を配合しています。

 

③浸透しにくくなった年齢肌にもぐんぐんしみ込む処方です。
です。

 

 

ハニプラ美容液は、いうまでもなく、とても良い商品です。

 

そして、ハニプラ美容液の評判もほとんどが好意的なものでした。

 

 

でも、ハニプラ美容液の評判の中には、

 

ハリ・ツヤをケアする美容液なので、シミへの効果は期待できません。

 

ツヤに悩む方は同時にシミにも悩んでいることがありますが、シミを消すものではないです。

 

 

という意見も見受けられます。

 

 

卵殻膜ケア美容液 ハニプラ美容液がシミには効かないとは本当でしょうか?

 

 

ハニプラ美容液がシミには効かないというのは本当?

 

ハニプラ美容液についてシミには効かないとの評判も一部ですが見受けられます。

 

正直、わたしもみんなが良いというけど合わない商品たくさんあります。根本的な相性のときや、単なる使い方の問題のときだったり様々です。

 

けど、それは個人的なものなのか、それとも使い方でうまく対応できるものなのか気になりますよね。。

 

ハニプラ美容液についてシミには効かないというのは、実際のところどのようなものでしょうか?

 

 

ハニプラ美容液がシミには効かないと思う理由は?

 

ハニプラ美容液はヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などを含んでいて、肌に存在する3型コラーゲンをサポートする力のある卵殻膜を配合しています。

 

卵殻膜はハリ・うるおい・ツヤのある肌に導いてくれることが期待できます。

 

しかし、シミへの効果は期待できません。

 

シミはメラニンの過剰生成やメラニンの排泄が滞ることでできます。

 

メラニンの生成を抑える成分には、アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体などがありますが、ハニプラ美容液はこういった成分を配合していません。

 

また、これらの成分は今あるシミを薄くするものではなく、シミが増えないように予防してくれる成分です。

 

そのため、ハニプラ美容液ではシミを薄くすることは期待できません。

 

 

では、ハニプラ美容液を有効的に使うにはどのようにすればよいでしょうか?

 

 

ハニプラ美容液のつかいかたのコツ

 

ハニプラ美容液は洗顔後の肌に使用をします。

 

手のひらに適量を取り出し、顔全体になじませます。

 

ハリや乾燥などが気になるところには、重ね塗りがおすすめです。

 

この後に化粧水、乳液、クリームなどでケアを行います。

 

シミが気になる場合には、美白成分を配合している化粧水、乳液、クリームなどを使うとよいでしょう。

 

アルブチン、コウジ酸、カモミラET、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸などの成分は、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

ハニプラ美容液の評判

 

30代

女性

 

肌にスッと馴染ませた時の浸透率が抜群だと感じました

 

肌が喜んでいるというのは、この事を言うんだなと初めて知りました。

 

ハニプラ美容液は、使い続けて効果がわかります。

 

私は2ヶ月ほど続けて効果を感じました。

 

乾燥のひどい季節もハニプラ美容液のおかげで肌の潤いが保たれています。

 

それまでは時間が経つと肌がカサカサになり、メイク崩れを起こしていたのですが、それがなくなりました。

 

肌がモチモチするとそれだけで若返って見えます。

 

乾燥肌が気になる方にはおすすめです。

 

40代

女性

 

卵殻膜には2つの機能性があり、肌を作る3大成分であるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを作る細胞であり、ヒト真皮線維細胞を活性化させる働き。

 

肌のハリの素となるⅢ型コラーゲンを増やし、赤ちゃんのときに最も多く含まれているそうで、加齢により減少すると肌の弾力やみずみずしさが失われてしまいます。

 

卵殻膜は肌細胞を活性化・増殖させ、さらにⅢ型コラーゲンも増加するのでハリのある若々しい身体づくりに役立ちます。

 

人の肌に近いアミノ酸が18種類も含まれているので、肌にとり重要なタンパク質の源になります。

 

豊富に含まれるLシステインは、他の食品よりも圧倒的に卵殻膜には多いので皮膚や髪の毛、爪をきれいに保つ上では欠かせない成分なようです。

 

ですので美容成分を贅沢に配合したハ二プラがハリのある肌、潤い、肌の弾力、ツヤを叶えることができるのです。

 

これらは卵殻膜が年齢とともに気になる肌にふさわしい理由ではないでしょうか。。

 

40代

女性

 

洗顔後すぐに顔になじませると、とろっとした美容液がべたべたせずにすーっと肌に吸い込まれるのがとても気持ちが良いです。

 

その後に使う化粧水が砂漠に沁み込む水のようにぐんぐん入っていくのがわかるし、冬のこの時期はいつも乾燥に悩まされているのに、ハニプラを使っていると肌がいつも潤っているのが実感できてとても嬉しいです。

 

夜のお手入れの時に使うと、朝までしっとりが続くし、朝メイク前に使うとファンデのノリが全然違うようで、同僚に「お肌が全然違うけど何か変えた?」って聞かれちゃいました。

 

名前もパッケージもカワイイのに、その実力があなどれない、「できる子」だと思っています。

 

本当は誰にも教えたくない私の宝物のようなアイテムです。

※個人の感想であり、個人差があります。

 

 

ハニプラ美容液のキャンペーン情報

 

今なら、通常価格6,800円が、1,800円。(73%OFF)

 

そして、もし合わなければ、初回永久返金保証!

 

さらに、コンシェルジュサポートで使用方法や悩みの相談が気楽にできます!

早期終了の際はごめんなさい。。

 

いずれにしても、迷われている方は、気楽に試すことができる、今が、チャンスです。

 

わたしはとても気に入っています。

 

 

詳しくは、ハニプラ美容液の公式サイトをみてください。
>>卵殻膜ケア美容液 ハニプラ美容液の公式サイトはこちら

 

※本サイトは、あくまで個人の使ってみた感想です。厚生労働省から承認を得た効能効果、用法用量は、公式サイトの添付文書をご覧になってください。